コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草陰の クサカゲノ

デジタル大辞泉の解説

くさかげ‐の【草陰の】

[枕]地名の「荒藺(あらゐ)」「安努(あの)」にかかる。
「―荒藺の崎の笠島を」〈・三一九二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くさかげの【草陰の】

( 枕詞 )
地名「荒藺あらい」「安努あの」にかかる。かかり方未詳。草深い意で実景によってかかるとも、草陰の畦あぜの意で、「あぜ」の古語「あ」にかかるともいう。 「 -安努な行かむと墾りし道/万葉集 3447

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

草陰のの関連キーワード草陰の小径を通って草陰の小径にて墾る

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草陰のの関連情報