コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒神柱 コウジンバシラ

デジタル大辞泉の解説

こうじん‐ばしら〔クワウジン‐〕【荒神柱】

かまどや炉の近くにある柱。荒神を祭る。おかま柱。力柱(ちからばしら)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうじんばしら【荒神柱】

炉やかまどの近くの、荒神を祀まつる柱。力柱ちからばしら

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の荒神柱の言及

【大黒柱】より

…家のなかで大黒柱1本だけを特に太くするのは江戸時代中期以降の農家や町家に多く見られ,より古い時期には,太い梁の両端を支えるための太い柱が土間の周囲などに何本も使われた。これらを,小黒,えびす柱,荒神柱,よめご柱などと呼ぶ地方がある。大黒柱だけを特に太くするのは,囲炉裏のある居間の周囲の鴨居(かもい)に太い差(さし)鴨居を使うようになり,差鴨居を支える必要から起こったのであるが,太い大黒柱や差鴨居が家格や富を象徴したことが,その傾向をいっそう助長した。…

※「荒神柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荒神柱の関連キーワードかまど

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android