コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野元健 すがの もとたけ

1件 の用語解説(菅野元健の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野元健 すがの-もとたけ

?-? 江戸時代中期-後期の和算家。
幕臣。関流藤田貞資(さだすけ)の門弟。関孝和の行列式展開方法を修正,改良した「補遺解伏題生尅篇」「交式斜乗捷法」を寛政10年(1798)刊行した。字(あざな)は伯強。通称は幸次郎,津太郎。号は習斎。著作はほかに「習斎算叢」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菅野元健の関連キーワード和算家秋保新左衛門渥美長六内田秀富奥村邦具岸通昌栗田久巴須永通屋平田直良逸見満清

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone