コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野元健 すがの もとたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野元健 すがの-もとたけ

?-? 江戸時代中期-後期の和算家。
幕臣。関流藤田貞資(さだすけ)の門弟関孝和の行列式展開方法を修正,改良した「補遺解伏題生尅篇」「交式斜乗捷法」を寛政10年(1798)刊行した。字(あざな)は伯強。通称は幸次郎,津太郎。号は習斎。著作はほかに「習斎算叢」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅野元健の関連キーワード和算家幕臣

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android