菊花紋(読み)きっかもん

精選版 日本国語大辞典の解説

きっか‐もん キククヮ‥【菊花紋】

〘名〙 菊花をかたどった皇室の紋章。菊の御紋。皇室紋章は十六葉八重表菊形、皇族紋章は十四葉一重裏菊形。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の菊花紋の言及

【キク(菊)】より

…しかしこれも,たいしてやかましいことではなく,紋章を下賜したこともあり,また貴族や大名のうちにこれを用いるものも相当多かった。菊花紋を皇室以外で用いるのをはっきり禁止したのは1871年(明治4)で,天皇家は16花弁の八重菊,皇族は14花弁の裏菊と定められ,このほかに替紋としていろいろのものが用いられた。古来菊花紋の種類は多く,百数十種におよぶが,なかにはたとえば楠木氏の菊水紋のように,他のものと組み合わされたものも少なくない。…

※「菊花紋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android