コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊花紋 キクカモン

デジタル大辞泉の解説

きくか‐もん〔キククワ‐〕【菊花紋】

菊の花をかたどった皇室紋章御紋。きっかもん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きくかもん【菊花紋】

菊花をかたどった紋。主に皇室・皇族の紋章。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の菊花紋の言及

【キク(菊)】より

…しかしこれも,たいしてやかましいことではなく,紋章を下賜したこともあり,また貴族や大名のうちにこれを用いるものも相当多かった。菊花紋を皇室以外で用いるのをはっきり禁止したのは1871年(明治4)で,天皇家は16花弁の八重菊,皇族は14花弁の裏菊と定められ,このほかに替紋としていろいろのものが用いられた。古来菊花紋の種類は多く,百数十種におよぶが,なかにはたとえば楠木氏の菊水紋のように,他のものと組み合わされたものも少なくない。…

※「菊花紋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菊花紋の関連キーワード三八式歩兵銃名古屋城跡菊一文字十六菊皇族軍旗錦旗国章菊花

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android