コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊花 キクカ

5件 の用語解説(菊花の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きく‐か〔‐クワ〕【菊花】

菊の花。 秋》
薫物(たきもの)の名。菊の花の香を模したもの。丁字香(ちょうじこう)沈香(じんこう)麝香(じゃこう)をねり合わせてつくる。菊の露。

きっ‐か〔キククワ〕【菊花】

きくか(菊花)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

きくか【菊花】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。キク科キク頭状花序(とうじょうかじょ)を乾燥させたもの。解熱消炎解毒抗菌血圧降下などの作用がある。高血圧の諸症状をともなう慢性の頭痛に効く釣藤散(ちょうとうさん)などに含まれる。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きくか【菊花】

〔「きっか」とも〕
菊の花。
菊の花の文様。
六種むくさの薫物たきものの一。菊の香に模したもので、丁子香ちようじこう・沈香じんこう・麝香じやこうなどを練り合わせる。秋の薫物。

きっか【菊花】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊花の関連情報