落水紙(読み)らくすいし

日本文化いろは事典の解説

落水紙とは、和紙材料を混ぜ合わせるである粘剤〔ねり〕を多量に入れて漉いた薄い地紙がまだ湿めっているときに、水を噴霧状に落として小さなをあけ た紙です。また、落水紙には水の動きで様々な模様を描くものもあります。非常に緻密な模様であるため、それ自体がまさに芸術品です。江戸中期からはじまっ た水玉紙の技法を昭和期に福井県今立町が発展させました。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android