コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落水紙 らくすいし

1件 の用語解説(落水紙の意味・用語解説を検索)

日本文化いろは事典の解説

落水紙

落水紙とは、和紙の材料を混ぜ合わせる糊である粘剤〔ねり〕を多量に入れて漉いた薄い地紙がまだ湿めっているときに、水を噴霧状に落として小さな穴をあけ た紙です。また、落水紙には水の動きで様々な模様を描くものもあります。非常に緻密な模様であるため、それ自体がまさに芸術品です。江戸中期からはじまっ た水玉紙の技法を昭和期に福井県今立町が発展させました。

出典|シナジーマーティング(株)
日本文化いろは事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

落水紙の関連情報