コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落水紙 らくすいし

1件 の用語解説(落水紙の意味・用語解説を検索)

日本文化いろは事典の解説

落水紙

落水紙とは、和紙の材料を混ぜ合わせる糊である粘剤〔ねり〕を多量に入れて漉いた薄い地紙がまだ湿めっているときに、水を噴霧状に落として小さな穴をあけ た紙です。また、落水紙には水の動きで様々な模様を描くものもあります。非常に緻密な模様であるため、それ自体がまさに芸術品です。江戸中期からはじまっ た水玉紙の技法を昭和期に福井県今立町が発展させました。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落水紙の関連キーワード混米扱き混ぜるサブレーバッチャープラントミックス和え衣炊合せトスドサラダ取混ぜる混ぜ合せる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

落水紙の関連情報