コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛飾北嵩 かつしか ほくすう

1件 の用語解説(葛飾北嵩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛飾北嵩 かつしか-ほくすう

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
葛飾北斎の門人。文化-文政(1804-30)のころの人。読み本や草双紙におおくの挿絵をえがき,滝沢馬琴の「八丈綺談(きだん)」や柳亭種彦の「鱸庖丁青砥切味(すずきのほうちょうあおとのきれあじ)」などの挿絵も手がけた。のち漢画をえがき,東居と号した。姓は島。名は重宣。別号に酔醒斎,閑々楼,蘭斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

葛飾北嵩の関連キーワード葛飾北洋葛飾北雲葛飾北鵞葛飾北秀葛飾北周葛飾北岱葛飾北明葛飾北目葛飾雷周斗雷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone