コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒔絵粉 マキエフン

大辞林 第三版の解説

まきえふん【蒔絵粉】

蒔絵に用いる粉。金・銀・スズ・銅などを粉末にしたもので、その用途や粒子の違いから梨子地粉・平目粉・消し粉などがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蒔絵粉の言及

【蒔絵】より

…〈蒔絵〉の語は《竹取物語》にみえるのが最古といわれ,語源は《国家珍宝帳》に記載される〈末金鏤(まつきんる)作〉から末金絵になったとする説や,金銀粉を蒔き付ける技法からきたとする説がある。
【材料,用具,技法】

[蒔絵粉]
 蒔絵の主材料は蒔絵粉だが,これには金銀のほか,青金(あおきん)(金と銀の合金),白鑞,まれに銅粉,白金粉などが用いられる。金銀の代用として錫,銅,真鍮,アルミニウムなども近代になって用いられた。…

※「蒔絵粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蒔絵粉の関連キーワード消し粉末金鏤蒔絵梨地