コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑢粉 ヤスリフン

2件 の用語解説(鑢粉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やすり‐ふん【×鑢粉】

金・銀・錫(すず)などの地金をやすりでおろして細かい粉にしたもの。蒔絵(まきえ)などに用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鑢粉の言及

【梨地】より

…金粉を蒔いた地のことで,その名はナシの皮に似ているところからきており,中国では日本の梨地のことを灑金(さいきん)と呼んだ。梨地用の金粉は梨地粉といい,その製法は金の地金を鑢(やすり)ですりおろしたいわゆる鑢粉を鋼板の上に散布し,その上に太い針を3~4本ならべ,こてで針を圧しながらころがすと,鑢粉は平らにのびて平目粉(ひらめふん)ができる。これをさらに圧して不整形にちぎれたものを篩(ふるい)にかけて大小数種に分けたものが梨地粉である。…

※「鑢粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone