コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸粉 マルフン

デジタル大辞泉の解説

まる‐ふん【丸粉】

蒔絵(まきえ)の一。金・銀・(すず)などの粉を平らにのばして角を丸くしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まるふん【丸粉】

蒔絵まきえ粉の一。やすり粉を平らに伸ばし、角を丸くしたもの。研ぎ出し蒔絵に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の丸粉の言及

【蒔絵】より

…金銀の代用として錫,銅,真鍮,アルミニウムなども近代になって用いられた。粉の種類には丸粉,半丸粉,平目粉(刑部(ぎようぶ)平目),梨地(なしじ)粉,平粉,消粉などがある。おのおの粗細があり,丸粉でみると1号(細)から15号(粗)まであり,おもに3号以下は平蒔絵に,8号以上は研出(とぎだし)蒔絵に用いられる。…

※「丸粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丸粉の関連キーワード蒔絵粉本蒔絵蒔絵

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android