コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮照 れんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蓮照 れんしょう

?-? 仏教説話にみえる僧。
捨身行者。「今昔物語集」などによれば,法華経(ほけきょう)をあつく信仰し,みずからの体を蚊や蛭(ひる)にゆだね,(あぶ)が卵をうんだあとの傷がいたんでも,虻の子を殺すわけにはいかないといって治療をしなかったという。法名は蓮昭ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の蓮照の言及

【蓮如】より

… 1457年(長禄1)存如が没し,同年本願寺の留主職に就いた。継職にあたり異母弟応玄(蓮照)を擁立する動きもあったが,叔父宣祐(如乗)の主張により蓮如の就職が決定した。蓮如就職後の本願寺は多難で,とくに比叡山延暦寺の弾圧が激しかった。…

※「蓮照」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蓮照の関連キーワード仏教説話

蓮照の関連情報