コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕩蕩 トウトウ

デジタル大辞泉の解説

とう‐とう〔タウタウ〕【××蕩】

[ト・タル][文][形動タリ]
はてしなく広いさま。
「瓢々―として窮まるところを知らず」〈独歩・悪魔〉
心のやすらかでゆったりしているさま。
「王者の民―たりと云う句の価値を始めて発見する」〈漱石吾輩は猫である

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうとう【蕩蕩】

( トタル ) [文] 形動タリ 
広く大きいさま。広々としているさま。 「 -たる大河」
ゆったりしているさま。穏やかなさま。 「王者の民-たりと云ふ句の価値を始めて発見するから/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蕩蕩の関連キーワードトタル