コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国木田独歩 くにきだ どっぽ

9件 の用語解説(国木田独歩の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

国木田独歩

詩人・小説家。国木田収二の兄。千葉県生。名は哲夫。自然主義文学の先駆者といわれた。代表作に『武蔵野』『窮死』『竹の木戸』等がある。明治41年(1908)歿、38才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くにきだ‐どっぽ〔‐ドクホ〕【国木田独歩】

[1871~1908]詩人・小説家。千葉の生まれ。本名、哲夫。新体詩から小説に転じ、自然主義文学の先駆となる。代表作「武蔵野」「源叔父」「牛肉と馬鈴薯」「運命論者」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国木田独歩【くにきだどっぽ】

明治期の小説家,詩人。幼名亀吉,のち哲夫と改名。千葉県銚子生まれ。東京専門学校中退。1891年植村正久より受洗。1894年国民新聞に入社,日清戦争に従軍し《愛弟通信》で名をなす。
→関連項目或る女新体詩中村武羅夫民友社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国木田独歩 くにきだ-どっぽ

1871-1908 明治時代の詩人,小説家。
明治4年7月15日生まれ。植村正久から受洗。明治27年国民新聞記者として日清戦争に従軍。30年共著の詩集「抒情詩」に「独歩吟」をまとめる。ついで「源叔父」「武蔵野」などの浪漫(ろうまん)的な短編小説をかく。34年「牛肉と馬鈴薯」を発表,自然主義の先がけとして評価された。明治41年6月23日死去。38歳。千葉県出身。東京専門学校(現早大)中退。本名は哲夫。
【格言など】山林に自由存す われ此句を吟じて血のわくを覚ゆ(「抒情詩」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

国木田独歩

没年:明治41.6.23(1908)
生年:明治4.7.15(1871.8.30)
明治時代の小説家,詩人,出版者。父専八が銚子に滞在中,宿の手伝いであった母まんとの間に生まれた。幼名亀吉,のち哲夫と改名。明治9(1876)年,裁判所勤めの父の赴任に伴い,山口県内の小学校を転々とするが,18年,山口中学入学,寄宿生活をする。20年,単身上京,翌年,東京専門学校(早大)英語科入学。雑誌に随筆の寄稿を始める。24年,植村正久により洗礼を受ける。同年退学,徴兵検査のため山口に帰るが,不合格。翌年,再び上京。ワーズワースなどに親しみ,自然,田園,山林などへの憧れを強くする。日清戦争勃発とともに国民新聞社に入社,軍艦千代田従軍記者として乗り込み,『愛弟通信』を送り,好評を博する。28年,『国民之友』『家庭雑誌』の編集にかかわる。佐々城信子と結婚するも,翌年離婚。30年,宮崎湖処子編集の『抒情詩』に「独歩吟」を発表,22篇の詩を収録する。序文において新しい詩の創造を説いたが,事実,「山林に自由存す」は,形式,内容共に明治詩に画期的な一歩を記す作品である。31年,榎本治子と結婚。34年,短編小説集『武蔵野』刊行,評判はまだしもであったが,独歩の自然観を示す記念碑的作品である。新聞記者や編集者を経て,35年,矢野竜渓の敬業社に入社,『近事画報』(のち『戦時画報』に改め)で日露戦争の記事を報道し,一時は隆盛だったが,40年に破産。そのころから結核を患いはじめ,湯河原などで療養したが,41年,茅ケ崎の南湖院で没した。他の代表作に『独歩集』(1905),『運命』(1906)などがある。<参考文献>中島健蔵『国木田独歩の人と作品』(『近代文学鑑賞講座』7巻)

(及川茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くにきだどっぽ【国木田独歩】

1871‐1908(明治4‐41)
詩人,小説家。千葉県生れ。本名哲夫。父専八は播州竜野藩士。明治初年,藩船で漂着した専八と銚子出身の淡路まんとの間に生まれた。幼少年期は山口県で育ち,山口中学を経て,1888年から91年まで東京専門学校(現,早稲田大学)に学ぶ。在学中,《女学雑誌》《青年思海》に投稿。またキリスト教に入信。92年,浪漫主義の同人誌《青年文学》に参加,ワーズワース,カーライルの作品に出会い,精神革命を経験した。93年に起筆した日記《欺かざるの記》は,97年まで続き,明治中期の青年の苦悩とあこがれに表現を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くにきだどっぽ【国木田独歩】

1871~1908) 小説家・詩人。千葉県銚子生まれ。本名、哲夫。浪漫的な人生観・自然観を「武蔵野」「運命」に結晶、晩年は自然主義的な人生批評に傾いた。小説「牛肉と馬鈴薯」、日記「欺かざるの記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国木田独歩
くにきだどっぽ

[生]明治4(1871).7.15. 銚子
[没]1908.6.23. 茅ヶ崎
詩人,小説家。本名,哲夫。東京専門学校を中退 (1891) し,英語教師などを経て新聞記者として日清戦争に従軍,『国民新聞』に連載された『愛弟通信』 (1894~95) の清新な文章が好評を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国木田独歩
くにきだどっぽ
(1871―1908)

詩人、小説家。明治4年7月15日、千葉県銚子(ちょうし)生まれ。幼名亀吉(かめきち)、本名哲夫(てつお)。播州(ばんしゅう)(兵庫県)龍野(たつの)藩士専八の子。母まんの連れ子説もある。1876年(明治9)、父の山口裁判所勤務のため山口に移住。1887年、山口中学校を退学し上京。1888年、東京専門学校(現早稲田(わせだ)大学)英語普通科に入学したが、1891年退学。同年1月、一番町教会において植村正久(まさひさ)により受洗。5月、山口に帰り、吉田松陰(しょういん)の松下村塾(しょうかそんじゅく)に倣い、田布施に波野(はの)英学塾を開いた。1892年ふたたび上京し、青年文学会で活躍。そのころ、独歩文学に大きな影響のあった『ワーズワース詩集』を入手している。その後、大分県佐伯(さいき)の鶴谷(つるや)学館の教師として約1年過ごし、自然と人間生存との思索を深めた。1894年、上京し国民新聞社入社。日清(にっしん)戦争起こり、従軍記者として活躍。弟収二にあてた形式の通信文は親しみのこもった筆致で生彩を放ち、のち『愛弟通信』(1908)にまとめられた。1895年、佐々城信子(ささきのぶこ)(有島武郎(たけお)の小説『或(あ)る女』のモデル)と知り合い、周囲の反対を押し切り、北海道開拓の希望も捨てて結婚するが、5か月で信子は失踪(しっそう)し、1896年4月離婚した。
 その年の9月から渋谷に住み、このころツルゲーネフに親しみ、『武蔵野(むさしの)』を構想する。1897年4月、田山花袋(かたい)、太田玉茗(ぎょくめい)、松岡国男(くにお)(柳田国男(やなぎたくにお))、宮崎湖処子(こしょし)らとの共著詩集『抒情詩(じょじょうし)』に、「山林に自由存す」を含む『独歩吟』を発表。なお、1893年から1897年にかけての生活と思索は、日記『欺(あざむ)かざるの記』(1908~09)に詳しい。処女小説『源叔父(げんおじ)』(1897)を発表。1898年『今の武蔵野』『忘れえぬ人々』『鹿(しか)狩』など浪漫(ろうまん)的な作品を発表。1901年(明治34)これらを収めた『武蔵野』を出版する。この間、報知新聞や民声新報に入社するが、ほどなく退社。『牛肉と馬鈴薯(じゃがいも)』(1901)、『酒中日記』『空知川(そらちがわ)の岸辺』(1902)、『運命論者』(1903)、『春の鳥』(1904)など、主として現実性を追究しようとする作品を発表。これらは『独歩集』(1905)、『運命』(1906)として刊行。のちに、自然主義の作品として高く評価された。とくに『運命』は独歩の文壇的声価を高めた。1902年末、敬業社(のち近事画報社)に入社。この後を受けて独歩社をおこすが、経営悪化で1907年に破産。過労のため健康も優れぬなかで、『窮死』(1907)、『竹の木戸』(1908)などの現実を凝視した佳作を発表。明治41年6月23日、茅ヶ崎(ちがさき)の南湖院で死去。[中島礼子]
『『定本 国木田独歩全集』10巻・別巻1(1978・学習研究社) ▽小野茂樹著『若き日の国木田独歩――佐伯時代の研究』(1959・アポロン社) ▽坂本浩著『国木田独歩』(1969・有精堂出版) ▽桑原伸一著『国木田独歩――山口時代の研究』(1972・笠間書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国木田独歩の言及

【キリスト教文学】より

…これと相対立したのが《文学界》一派,特に北村透谷であり,愛山との間に文学の〈人生に相渉るとは何の謂ぞ〉という問題をめぐっていわゆる〈人生相渉論争〉が展開するが,その応酬のなかで透谷は文学の自律を説き,《内部生命論》(1893)を著した。 ここにも明らかなごとく明治20年代より盛んとなった自由主義神学,さらにはユニテリアンの思想は透谷をはじめ島崎藤村,国木田独歩らにも深い影響を与え,日本の土着の心性ともからんで一種の汎神論的思想や運命論的諦観へと彼らを傾斜させた。これは彼らに最も影響を与えたカーライル,エマソン,ワーズワースなどの受容にあたって,その深い文明批判の波をくぐった思想性・形而上性よりも,より主情的なものに傾いたことにもうかがえる。…

【佐伯[市]】より

…第2次大戦前は海軍の基地があり,戦後,これらの施設跡にパルプ,造船などの工場が進出,そのほか海崎(かいざき)地区に合板,セメントの工場も立地して工業都市となったが,低成長下にセメントを除き経営不振におちいり,合板工場は廃止された。国木田独歩は1893年から約1年間佐伯に教師として赴任したが,小説《源をぢ》《春の鳥》はこの地を舞台としている。【勝目 忍】。…

【自然主義】より

…島崎藤村の《破戒》(1906)と田山花袋の《蒲団(ふとん)》(1907)がその記念碑的な作品である。先駆的存在として,小民(庶民)の生活を描き続けた国木田独歩もいた。《破戒》は主題と方法の清新さによって,《蒲団》は実生活の愛欲の赤裸々な告白として,いずれも文壇に大きな衝撃を与えた。…

【婦人画報】より

…1905年7月,国木田独歩が編集責任者を務めていた近事画報社から創刊された月刊女性雑誌。日露戦争前後,女性雑誌が次々と発刊されたが,視覚に訴える画報の形式を取り入れたユニークな女性雑誌として知られた。…

【武蔵野】より

国木田独歩の短編小説。1898年1~2月,《今の武蔵野》の題名で《国民之友》に分載。…

【ワーズワース】より

…最初期には山田美妙,植村正久などの名が挙げられるほか,夏目漱石が《英国詩人の天地山川に対する観念》の中で他の詩人と比較してワーズワースの自然観を的確に把握した。その後,島崎藤村,宮崎湖処子が続くが,より熱烈な傾倒は国木田独歩において顕著であり,論考や注釈のほか,短編小説《春の鳥》(1904)における翻案が見られる。このようなワーズワース熱は,昭和に入って田部重治に受け継がれた。…

※「国木田独歩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国木田独歩の関連キーワード平井晩村嵯峨の屋お室バーナ幸堂得知出版者修理屋宮崎夢柳耕治人山口寒水出版者国際会議

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国木田独歩の関連情報