王者(読み)おうしゃ

精選版 日本国語大辞典「王者」の解説

おう‐しゃ ワウ‥【王者】

〘名〙 (「おうじゃ」とも)
① 王である人。王。国王。天皇。おうざ。
※続日本紀‐養老五年(721)二月甲午「王者政令不便事、天地譴責、以示咎徴」 〔春秋左伝‐文公六年〕
② 王道をもって天下を治める君。⇔覇者(はしゃ)
※神皇正統記(1339‐43)下「王者の軍(いくさ)と云ふは、とがあるを討じて、きずなきをばほろぼさず」 〔論語‐子路〕
③ ある集団において最も力のある、すぐれた者。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「郵船は〈略〉戦後に海運界を支配する、海上の王者である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「王者」の解説

おう‐じゃ〔ワウ‐〕【王者】

《「おうしゃ」とも》
王である人。王。
同類のもののうち最も実力のある者。「王者の貫禄を見せる」
王道で天下を治める君。→覇者(はしゃ)1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android