王者(読み)おうしゃ

精選版 日本国語大辞典「王者」の解説

おう‐しゃ ワウ‥【王者】

〘名〙 (「おうじゃ」とも)
① 王である人。王。国王。天皇。おうざ。
※続日本紀‐養老五年(721)二月甲午「王者政令不便事、天地譴責、以示咎徴」 〔春秋左伝‐文公六年〕
王道をもって天下を治める君。⇔覇者(はしゃ)
※神皇正統記(1339‐43)下「王者の軍(いくさ)と云ふは、とがあるを討じて、きずなきをばほろぼさず」 〔論語子路
③ ある集団において最も力のある、すぐれた者。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「郵船は〈略〉戦後に海運界を支配する、海上の王者である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「王者」の解説

【王者】おう(わう)じや

王道を以てを治める人。〔論語、子路〕子曰く、如(も)し王りとも、必ず世(一代がかり)にして、而る後にならん。

字通「王」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android