コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薯蕷蒸し いもむし

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

じょうよむし【薯蕷蒸し】

蒸し物の一種。すりおろしたやまのいもを材料の上にのせて蒸し、仕上げにあんをかけた料理。白身魚の切り身など淡泊な材料を用いることが多い。卵白を泡立て、すりおろしたやまのいもと混ぜ合わせて用いることもある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の薯蕷蒸しの言及

【ヤマノイモ】より

…さらに,沖縄にも自生するソメモノイモは地下に木質で暗赤色の大きな地下茎を作り,衣料の染料に利用される。【堀田 満】
[調理]
 すりおろしてとろろにつくり,清汁(すましじる)やみそ汁でのばしてとろろ汁,そのまま小鉢に盛って卵黄を落とす月見,マグロのぶつ切りにかける山かけ,白身の魚の上にかけて蒸す〈薯蕷(いも)蒸し〉などにする。ナガイモは粘りが少ないので,とろろには適さず,刻んでノリをかけ,ワサビじょうゆで食べるのがよい。…

※「薯蕷蒸し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android