コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薯蕷蒸し いもむし

1件 の用語解説(薯蕷蒸しの意味・用語解説を検索)

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

じょうよむし【薯蕷蒸し】

蒸し物の一種。すりおろしたやまのいもを材料の上にのせて蒸し、仕上げにあんをかけた料理。白身魚の切り身など淡泊な材料を用いることが多い。卵白を泡立て、すりおろしたやまのいもと混ぜ合わせて用いることもある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の薯蕷蒸しの言及

【ヤマノイモ】より

…さらに,沖縄にも自生するソメモノイモは地下に木質で暗赤色の大きな地下茎を作り,衣料の染料に利用される。【堀田 満】
[調理]
 すりおろしてとろろにつくり,清汁(すましじる)やみそ汁でのばしてとろろ汁,そのまま小鉢に盛って卵黄を落とす月見,マグロのぶつ切りにかける山かけ,白身の魚の上にかけて蒸す〈薯蕷(いも)蒸し〉などにする。ナガイモは粘りが少ないので,とろろには適さず,刻んでノリをかけ,ワサビじょうゆで食べるのがよい。…

※「薯蕷蒸し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

薯蕷蒸しの関連キーワード軽羹伊勢豆腐雲平糝薯擂り芋大根卸し落し薯薯蕷汁山掛ナガイモ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone