蘭の妖精ララン

デジタル大辞泉プラスの解説

蘭の妖精ララン

京都府乙訓郡大山崎町で主に活動する地域キャラクター。1998年登場。大山崎町商工会所属。の花がモチーフ。大正~昭和にかけて同地で蘭の栽培が盛んだったことにちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android