蚊を殺すにはその馬を撃たず(読み)かをころすにはそのうまをうたず

精選版 日本国語大辞典の解説

か【蚊】 を 殺(ころ)すにはその馬(うま)を撃(う)たず

馬にとまったを殺すために、馬まで傷つけてはなんにもならない。手段のために、根本の目的にもとるようなことは無味である。転じて、小事にかかずらって大事を忘れるなの意。角(つの)を矯(た)めて牛を殺す。
太平記(14C後)一九「抑目の前を打通る敵を、大勢なればとて、の一をも射ずして、に後日の(つひえ)に乗ん事を待ん事は、只楚の宋義が蚊(カ)を殺には、其馬を撃(ウタ)ず、と云しに似たるべし」
[補注]「太平記」の例は、「史記‐項羽紀」の「宋義曰、不然。夫搏牛之蝱、不以破蟣蝨」によったものと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android