コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本 ねほん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根本
ねほん

(1) 歌舞伎狂言本の関西での称。 (2) 絵入り根本の別称。多く京坂で版行された挿絵入りの歌舞伎狂言本で,多少の省略はあるが,形式は脚本と同じで,舞台書,せりふ,ト書から成る。大きさは半紙判で普通6~7冊,多いものは 10冊に及ぶ。挿絵は上方風の役者似顔絵で数葉入っている。安永6 (1777) 年刊の『伽羅先代萩 (めいぼくせんだいはぎ) 』が最初といわれるが,天明期から次第に発達し,化政期 (1804~30) に頂点に達し,明治初年まで百数十種が版行された。江戸では正本製 (しょうほんじたて) という脚本風に書いた草双紙が流行したが,根本はあまり刊行されなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こん‐ぽん【根本】

[名]《古くは「こんぼん」》
物事が成り立っている基礎になるもの。おおもと。「生き方の根本にかかわる問題」「考え方が根本から違う」「問題の根本は別のところにある」
物事のおこり。
「世の乱れ初めける―は」〈平家・一〉
[副]もともと。本来。
「末広がりといふは、―扇のことぢゃ」〈和泉流狂末広がり

ね‐ほん【根本】

京坂で、歌舞伎の正本(しょうほん)(脚本)のこと。
絵入り根本」の略。

ねもと【根本】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「根本」姓の人物
根本進(ねもとすすむ)
根本通明(ねもとつうめい)
根本陸夫(ねもとりくお)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こんぽん【根本】

〔古くは「こんぼん」〕
( 名 )
物事を成り立たせる基盤となっている事柄。 「常識を-からくつがえす」
物事の始まった最初。おこり。また、本家。元祖。 「世の乱れそめける-は/平家 1
( 副 )
もともと。もとから。本来。 「恩愛のしたしきいもせの中も思へば-土なりけり/仮名草子・伊曽保物語」

ねほん【根本】

江戸時代、歌舞伎正本の京坂における称。
絵入り根本 」に同じ。

ねもと【根本】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根本
ねほん

歌舞伎(かぶき)に関する書物の一種。江戸中期から後期にかけての京坂で、脚本の内容をアレンジして記載し、挿絵を加えて刊行したもの。絵入(えいり)根本ともいう。体裁は半紙本で7冊から10冊程度。本文は台帳(台本)と同様に台詞(せりふ)・ト書(とがき)・舞台書きなどからなり、挿絵は役者の似顔絵で、墨摺(すみずり)が主だが、まれに淡彩摺、極彩摺を用いる。安永(あんえい)・天明(てんめい)期(1772~89)に発生、文化(ぶんか)・文政(ぶんせい)・天保(てんぽう)期(1804~44)がもっとも盛んで、1873年(明治6)に終えた。なお、京坂では歌舞伎脚本を総括して「根本」とよんだこともあった。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の根本の言及

【台帳】より

…上演の土台となる帳面の意である。清書されたものは正本(しようほん)ともいい,上方では根本(ねほん)ともいった。のちには台本ともいう。…

※「根本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

根本の関連キーワードビジネスプロセスリエンジニアリング根本通明(ねもとみちあき)ファンダメンタリズムファンダメンタリスト新潟県佐渡市新穂大野根を深くし蔕を固くすファンダメンタルプリンシプル常陸大宮市社会革命根を絶つ仮名草子論語講義老子講義梵我一如根本煩悩二義的君津市第二義本態風

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根本の関連情報