コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本 ねほん

11件 の用語解説(根本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根本
ねほん

(1) 歌舞伎狂言本の関西での称。 (2) 絵入り根本の別称。多く京坂で版行された挿絵入りの歌舞伎狂言本で,多少の省略はあるが,形式は脚本と同じで,舞台書,せりふ,ト書から成る。大きさは半紙判で普通6~7冊,多いものは 10冊に及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こん‐ぽん【根本】

[名]《古くは「こんぼん」》
物事が成り立っている基礎になるもの。おおもと。「生き方の根本にかかわる問題」「考え方が根本から違う」「問題の根本は別のところにある」
物事のおこり。
「世の乱れ初めける―は」〈平家・一〉
[副]もともと。本来。
「末広がりといふは、―扇のことぢゃ」〈和泉流狂末広がり

ね‐ほん【根本】

京坂で、歌舞伎の正本(しょうほん)(脚本)のこと。
絵入り根本」の略。

ねもと【根本】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「根本」姓の人物
根本進(ねもとすすむ)
根本通明(ねもとつうめい)
根本陸夫(ねもとりくお)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こんぽん【根本】

〔古くは「こんぼん」〕
( 名 )
物事を成り立たせる基盤となっている事柄。 「常識を-からくつがえす」
物事の始まった最初。おこり。また、本家。元祖。 「世の乱れそめける-は/平家 1
( 副 )
もともと。もとから。本来。 「恩愛のしたしきいもせの中も思へば-土なりけり/仮名草子・伊曽保物語」

ねほん【根本】

江戸時代、歌舞伎正本の京坂における称。
絵入り根本 」に同じ。

ねもと【根本】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根本
ねほん

歌舞伎(かぶき)に関する書物の一種。江戸中期から後期にかけての京坂で、脚本の内容をアレンジして記載し、挿絵を加えて刊行したもの。絵入(えいり)根本ともいう。体裁は半紙本で7冊から10冊程度。本文は台帳(台本)と同様に台詞(せりふ)・ト書(とがき)・舞台書きなどからなり、挿絵は役者の似顔絵で、墨摺(すみずり)が主だが、まれに淡彩摺、極彩摺を用いる。安永(あんえい)・天明(てんめい)期(1772~89)に発生、文化(ぶんか)・文政(ぶんせい)・天保(てんぽう)期(1804~44)がもっとも盛んで、1873年(明治6)に終えた。なお、京坂では歌舞伎脚本を総括して「根本」とよんだこともあった。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の根本の言及

【台帳】より

…上演の土台となる帳面の意である。清書されたものは正本(しようほん)ともいい,上方では根本(ねほん)ともいった。のちには台本ともいう。…

※「根本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

根本の関連キーワードぼんぼり綿ぼんぼんぼんぼん時計マンボズボンアンボンドスラブウイスキーボンボンボンボボンボン島ボンボニエールぼんぼんうた

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

根本の関連情報