蜘蛛形類(読み)くもがたるい

大辞林 第三版の解説

くもがたるい【蜘蛛形類】

節足動物門の一綱。体は頭胸部と腹部に分けられる。頭胸部には六対の足があり、上顎・触肢各一対と四対の歩脚となる。触角はなく、目は単眼。顕著な変態はしない。サソリ・ムチサソリ・ヒヨケムシ・カニムシ・コヨリムシ・真正クモ目・フッコムシ・ザトウムシ・ダニ目の九目に分類される。クモ類。蛛形類ちゆけいるい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android