コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜘蛛形類 くもがたるい

大辞林 第三版の解説

くもがたるい【蜘蛛形類】

節足動物門の一綱。体は頭胸部と腹部に分けられる。頭胸部には六対の足があり、上顎・触肢各一対と四対の歩脚となる。触角はなく、目は単眼。顕著な変態はしない。サソリ・ムチサソリ・ヒヨケムシ・カニムシ・コヨリムシ・真正クモ目・フッコムシ・ザトウムシ・ダニ目の九目に分類される。クモ類。蛛形類ちゆけいるい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蜘蛛形類の関連キーワード日本蜘蛛学会真正クモ目頭胸部蛛形類クモ類触角単眼触肢歩脚上顎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android