コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血振るい チブルイ

デジタル大辞泉の解説

ち‐ぶるい〔‐ぶるひ〕【血振るい】

産後に血の道のため、からだがふるえる病気。
刀で人などを切ったあと、その血を振るい落とすこと。
猛獣が他の動物を食ったあと、毛についた血を振るい落とすこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちぶるい【血振るい】

( 名 ) スル
猛獣が他の動物を食ったあと、毛についた血を身ぶるいして振り落とすこと。
人などを斬ったあと、刀についた血を振るい落とすこと。
産後に血の道でからだが震える病。 「涙を絞り気をもみ上げ、-しきりに息弱り/浄瑠璃・浦島年代記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

血振るいの関連キーワードもみ上げ血の道

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android