コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

街コン まちこん

3件 の用語解説(街コンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

街コン

街と合コンの「コン」をつなげた造語で、「街を盛り上げる合コン」という意味がある。
発祥は2004年に栃木県宇都宮市で開催された「宮コン」で、その後11年後半から全国各地に広まった。街コンという呼び方が生まれるまでは「巨大合コン」「大型合コン」などと言われていた。しかし、(株)リンクバル代表取締役CEOの吉弘和正が代表を務める団体「街コンジャパン」が、各地の街コンをプロデュースするために発足しサイトを立ち上げる際に、呼び名を統一するため「街コン」と命名した。ただし、それぞれの街コンは街コンジャパンに属する人が主催しているわけではなく、各地域が自主的に開催している。街コンジャパンのサイトでは、各地の街コン情報を集め、掲載している。
街コンは通常同性2名以上が一組となって制限時間内に開催地区の飲食店の飲み歩きや食べ歩きをしながら出会いを求めるという形式で、大規模な街コンの場合は複数の飲食店を貸し切って行うこともある。受付は各店舗で行うケースと、1カ所で行うケースがあり、行ける店舗数もイベントによって異なる。多くの場合、受付でリストバンドなどを貰い、それを参加証として入店する。年齢や参加費など参加条件は街コンによって異なるが、飲食代は参加費に含まれるので、自由にいろいろな店での飲食を楽しめるのも魅力の一つだ。
1回の開催で数百人から千人を超える参加者があるため、低迷する景気対策にもなっている。また、街コンの開催は土曜日日曜日の午後が多く、飲食店にとってはアイドルタイムと呼ばれる来店が少ない時間帯であるため、売り上げにも貢献している。更に同じ地域内に住む人同士の出会いの機会が高くなる点も多くの人に受け入れられている理由の一つである。特に近年は少子化による若年層の人口減などで結婚に結びつくいい出会いの機会が減っていると言われるが、未婚率増加を解消する効果もある。
ただ、近年は街コンの人気をビジネスに利用する動きがあり、本来の飲食店の活性化と出会いの場をセッティングするという目的から逸脱したケースもある。そこで12年に全国街コン協議会が発足。公式サイトを通しての情報発信、SNS非公開での情報交換、全国街サミットの開催などを通して、街コン本来の趣旨を伝えるとともに街コンのモラルの維持に努めている。12年6月現在、全国街コン協議会に加入しているのは、宇都宮市の「宮コン」、広島市の「ひろコン」、前橋市の「前コン」、新潟市の「潟コン」、福島市の「福コン」、仙台市の「せんコン」の6つ。ただ、それ以外にも、協議会に所属せず、独自に開催される街コンは多い。中でも2000人規模で開催される東京・恵比寿の「恵比コン」や、独身の20代限定という東京・渋谷の「渋谷若者コン」など特色のある街コンも増えている。

(金廻すみ子  ライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

街コン

商店街を会場として男女が会費制で集まり、時間内に飲食店を回りながら交流を深める。宇都宮市の4店舗で2004年に企画された「宮コン」が発祥とされる。婚活ブーム追い風になり、全国各地にまちおこしイベントとして広まった。12年9月に信頼される運営と連携強化を目的に、全国の街コン運営団体を結ぶ社団法人「日本街コン協会」が立ち上がった。

(2013-12-15 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

街コン
まちこん

市民が参加し、街ぐるみ行われる合同コンパ(合コン)のこと。町コンとも表記する。商店街や市民団体自治体などが開催母体となり、市街地の活性化を目的として行われる大規模な市民参加の懇親会である。2~数名の同性が1グループとなり、割安な参加費を支払って登録すると、半日ほどの制限時間内は、商店街の参加店で自由に飲食に興じることができ、同時にほかのグループとの出会いを楽しめるという内容が一般的である。
 街コンは栃木県宇都宮市で2004年(平成16)に開かれた「宮コン」という市内活性化のためのイベントが始まりといわれている。地域の活性化と若い男女に出会いの場を提供するという趣旨が話題をよび、その後数百人が参加する大規模なイベントが日本各地で催されるようになった。地元の街づくりや高齢者を支援している市民団体などが企画、市の広報などを通じて参加者を募り、ひきこもりがちな高齢者に出会いを演出し、友達づくりの場にしてもらうといった、高齢者向けの街コンも人気が高い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

街コンの関連情報