飲食(読み)いんしい

精選版 日本国語大辞典「飲食」の解説

いん‐しい【飲食】

※落葉集(1598)「飲食 いんしい」
読本・唐錦(1780)三「娘は明暮、唯涙にふし沈みて飲食(インシイ)を廃し」
[語誌](1)インシイはインシの転訛形。「飲食」は、古くから呉音でオンジキと読まれたが、中世頃から、ほかに漢音のインショク・インシ・インシイの語形も見られるようになる。
(2)室町末頃のキリシタン文献では、主としてオンジキを掲げるものが多く、この語形が広く行なわれていたことをうかがわせるが、「落葉集」にヲンジキのほかにインシイが見え、他のキリシタン文献にもこの語形が散見されるところから、このころにはインシイとオンジキが併用されたかと思われる。
(3)一三〇六年頃成立した「聚分韻略」では、インシが飲食する物、インショクが飲食することだと説いている。しかし、室町から近世にかけて必ずしもこの区別がなされたとは言い難い。

いん‐しょく【飲食】

〘名〙 飲み物と食べ物。また、飲むことと食べること。飲み食い。おんじき。いんじき。いんしい。いんし。
※平家(13C前)一二「飲食(ヰンショク)〈高良本ルビ〉の名字をたて、湯水をものどへいれず」
※歌謡・山家鳥虫歌(1772)上・摂津「人食に尽きぬれば此石に向ひ礼をなせばいんしょく悉く出ず」 〔易経‐乾卦〕
[語誌]→「いんしい(飲食)」の語誌

おん‐じき【飲食】

〘名〙 (「おん」は「飲」の、「じき」は「食」の呉音) 飲みものと食べ物。食物。また、飲むことと食べること。いんしょく。いんしい。
※続日本紀‐宝亀三年(772)四月丁巳「衣服飲食一擬供御
※今昔(1120頃か)九「此の客人(まらふと)等、不飲食(おんじきせ)ずして」
[語誌]→「いんしい(飲食)」の語誌

のみ‐く・う ‥くふ【飲食】

〘他ハ四〙
① 飲んだり食べたりする。飲みかつ食う。のみくらう。
※土左(935頃)承平四年一二月二八日「さけ、よきものどももてきて、ふねにいれたり。ゆくゆくのみくふ」
② 食物などをかまないで飲みこむ(日葡辞書(1603‐04))。

のみ‐くい ‥くひ【飲食】

〘名〙 飲むことと食うこと。飲んだり食ったりすること。いんしょく。のみくらい。
※談義本・教訓雑長持(1752)三「せめて先々で、呑喰(ノミクイ)でもする事か」

いん‐し【飲食】

※全九集(1566頃)一「を防ぐとは、飲食(インシ)を節し温涼にかなひ」
[語誌]→「いんしい(飲食)」の語誌

のみ‐くら・う ‥くらふ【飲食】

〘他ハ四〙
① 飲んだり食ったりする。飲食する。のみくう。〔書言字考節用集(1717)〕
をしたたか飲む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「飲食」の解説

おん‐じき【飲食】

飲むことと食べること。飲み物と食べ物。いんしょく。
「下物は極楽の—乃至ないし北鬱単越ほくうつたんおつ香廚こうちゅうよりかすめ来らせましたる」〈露伴・新浦島〉

いん‐しょく【飲食】

[名](スル)飲むことと食べること。のみくい。また、飲み物と食べ物。「検診の前に飲食しないように」「飲食店」「飲食物」
[類語]飲み食い酒食食事御飯腹拵えまんまおまんま

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android