趣旨(読み)しゅし

精選版 日本国語大辞典「趣旨」の解説

しゅ‐し【趣旨】

〘名〙 物事の中心となるおもむき。文章、話などで、述べようとしている肝心な事柄。また、ある事を行なおうとする目的や理由。趣意趣。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「其これを実際に施すの方法を説くは此書の趣旨に非ざれば之を人々の工夫に任するなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「趣旨」の解説

しゅ‐し【趣旨】

事を行うにあたっての、もとにある考えや主なねらい。趣意。「会社設立の趣旨を述べる」
文章や話などで、言おうとする事柄。趣意。「話の趣旨が伝わらない」
[類語]主旨大綱趣意内容

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「趣旨」の解説

【趣旨】しゆし

おもむき。趣意。〔文心雕竜練字〕陳思(曹植)、)・()馬(相如)の作をし、趣幽(ふか)くして旨深しとす。

字通「趣」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android