コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表音式 ヒョウオンシキ

デジタル大辞泉の解説

ひょうおん‐しき〔ヘウオン‐〕【表音式】

国語を表記するとき、表音文字をその時代の発音に対応させて書き表す方式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

表音式の関連キーワード表音式仮名遣い現代かなづかい発音式仮名遣い仮名文字運動国語問題田安宗武仮名遣い世阿弥国語

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android