コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏海 リカイ

デジタル大辞泉の解説

り‐かい【裏海】

陸地に入り込んだ海。また、陸地に挟まれた海。内海(ないかい)。
カスピ海のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

裏海【りかい】

カスピ海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

りかい【裏海】

[0] 陸地に入り込んだ海。また、内海。
◇ カスピ海の別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裏海
りかい

一般に、陸地に囲まれた内海のことで、世界最大の内陸海であるカスピ海の漢語名。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の裏海の言及

【カスピ海】より

…イラン,アゼルバイジャン,ロシア,カザフスタン,トルクメニスタンに囲まれる。裏海ともいい,ロシア語ではKaspiiskoe moreと呼ぶ。面積約37万1000km2,日本の本州の約1.5倍,南北に約1280km,幅160~440km,最大深度995m,湖岸線の長さ約7000km,水面の標高は海面下28m。…

※「裏海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

裏海の関連キーワード別名

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裏海の関連情報