裏海(読み)りかい

精選版 日本国語大辞典「裏海」の解説

り‐かい【裏海】

[1] 陸へ入り込んだ海。また、陸地にはさまれ、海峡大洋につらなる海。内海。
[2] カスピ海の別称

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の裏海の言及

【カスピ海】より

…イラン,アゼルバイジャン,ロシア,カザフスタン,トルクメニスタンに囲まれる。裏海ともいい,ロシア語ではKaspiiskoe moreと呼ぶ。面積約37万1000km2,日本の本州の約1.5倍,南北に約1280km,幅160~440km,最大深度995m,湖岸線の長さ約7000km,水面の標高は海面下28m。…

※「裏海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android