コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海 うちうみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内海
うちうみ

愛媛県南西部,豊後水道に面する地区。旧村名。 2004年 10月御荘城辺,一本松,西海の4町と合併し,愛南町となる。由良半島の南半分とその基部を占め,山地が海岸まで迫る。かつてはカツオ船とマグロ大敷網による漁業が盛んであったが,ハマチと真珠の養殖,柑橘類の栽培が行なわれるようになった。大根,根深などの野菜名,松網,大敷などの網名,多古,岩志などの魚名の名字をもつ家が多い。従来,北の宇和海への船便は狭長な由良半島を迂回していたが,1967年半島中央部に船越運河が開通した。須の川海岸は延長 1kmの砂州で,一面ウバメガシに覆われる景勝地。海岸一帯は足摺宇和海国立公園に属する。国道 56号線が由良半島基部を南北に通る。

内海
うちうみ

宮崎市南端,日南海岸にある集落。浅くなった市内赤江港に代って宮崎市の重要な商港となった。石油貯蔵タンクが並ぶ石油基地。付近に天然記念物アコウ,特別天然記念物ヤッコソウ発生地などがある。

内海
うちのみ

香川県北東部,小豆島町東部の旧町域。小豆島の東半部を占め,星ヶ城山 (816m) を中心とする山地がある。 1951年草壁町と安田村,苗羽村,坂手村,西村の4村が合体して発足。 1957年福田村を編入。 2006年池田町と合体して小豆島町となる。雨が少なく,たびたび渇水の被害に見舞われる。醤油,佃煮,石材の産地として知られる。また日本初のオリーブ試作地としても有名で,西部の傾斜地で盛んに栽培される。星ヶ城山西方の寒霞渓は国の名勝,付近の大坂城石垣石切丁場跡は国の史跡に指定されている。一帯は小豆島観光の主要地。大部分は瀬戸内海国立公園に属する。

内海
うつみ

広島県南東部,瀬戸内海に浮かぶ横島田島からなる地域。旧町名。 1955年横島村と田島村が合体して町制。 2003年福山市に編入。島の産業はミカンと花卉栽培。沿岸漁業では田島いりこが知られる。かつてはフィリピンのルソン島への漁業移住者の母村であった。現在は漁業のほか観光事業も行なわれる。対岸などへの通勤者も多い。本土の沼隈半島と田島とは内海大橋で結ばれ,田島と横島は坊地の瀬戸を挟み,睦橋 (むつみばし) で結ばれている。地域の一部は瀬戸内海国立公園に属する。

内海
うつみ

愛知県知多半島,南知多町の伊勢湾に面する地区。 1893年町制施行し,1961年には師崎 (もろざき) 町などとともに3町2島嶼村が合併,南知多町の一部となる。近世には江戸廻船の根拠地。丘陵部ではミカンの栽培,沿岸部ではノリ養殖が盛ん。内海温泉,海水浴場があり,付近の岬端地特有の自然景観とともに 1958年三河湾国定公園,68年南知多県立自然公園の一部に指定された。

内海
ないかい
inland sea

完全に陸地に囲まれている閉鎖内海と,2つ以上の狭い入口 (海峡) によって外洋と連結している内海とがある。2ヵ国以上に囲まれる場合,配分の問題が生じるため国連海洋法条約 123条では国際協力を規定している。一国の領土内にある内海の場合には,湾の規定である 24カイリ規則を準用し,これを越えない場合には沿岸国の内水とされる。 1974,76年に出された,テキサダ号事件の判決は,瀬戸内海を内水と認めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うち‐うみ【内海】

陸地に入り込んだ海。入り海。ないかい。⇔外海(そとうみ)
湖。
大海(たいかい)茶入れの小ぶりのもの。

ない‐かい【内海】

周りを陸地に囲まれ、狭い海峡で外洋と連絡している海。瀬戸内海など。うちうみ。⇔外海
仏語。須弥山(しゅみせん)を囲む九山八海のうち、第八山の内側にある海。
茶入れの一。大海(たいかい)に対して、口の狭い小形のもの。うちうみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

内海【ないかい】

二つ以上の海峡で外海に連なる比較的小さな水域。沿岸がすべて同一国に属し,海峡の幅が著しく狭い場合にはその国の支配下にある内水とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うちうみ【内海】

半島・岬や島で囲まれ外洋と海峡でつながっている海。入り海。ないかい。 ↔ 外海
湖。
茶入れの一種。大海たいかいのやや小形のもの。ないかい。

ないかい【内海】

陸地に囲まれ、海峡によって外海と連絡している海。うちうみ。瀬戸内海など。中海ちゆうかい。 ↔ 外海
〘仏〙 須弥山しゆみせんを取り巻く七つの海。須弥山と七重の山である七金山しちこんせんの間に帯状にはさまれている。
うちうみ(内海) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕内海(うちうみ)


愛媛県南西部、由良(ゆら)半島と西海(にしうみ)半島・鹿()島・横(よこ)島に抱かれた小湾。豊後(ぶんご)水道の南東部を占める。南東部の銚子ノ口(ちょうしのくち)の奥に御荘(みしょう)湾があり、さらに約6km湾入する。真珠・ハマチ・カキの養殖が盛ん。湾口南側の鹿島は足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園の景勝地で亜熱帯植物が茂る。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

内海の関連キーワード兵庫県たつの市新宮町千本愛知県知多郡南知多町内海大坂城残石記念公園広島県福山市内海町播磨屋長右衛門内海(愛知県)大岩 金右衛門平家物語評釈大岩金右衛門安芸津〈町〉内田 佐七ヤガンナ島方丈記評釈水先案内南の哀愁松尾晩翠五大力船内田佐七御代金水内田忠蔵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内海の関連情報