コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裸黒穂病(エンバク)

1件 の用語解説(裸黒穂病(エンバク)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

裸黒穂病(エンバク)

子実が黒粉化する糸状菌病。開花時に感染し、子房が膨らむと共に内部が黒粉化し、表皮が破れて黒粉(黒穂胞子)が飛散する。激発すると穂全体が発病し、穂軸だけが残される。菌糸の形で種子伝染し、黒穂胞子は土中で長期間生存する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裸黒穂病(エンバク)の関連キーワード糸状菌青かび病(トウモロコシ)苗立枯病(トウモロコシ)すす穂病(ソルガム・スーダングラス)裸黒穂病(トールオートグラス)裸黒穂病(ブロムグラス)褐点病(ローズグラス)輪紋病(トレフォイル)ミイラ穂病(イヌビエ)ミイラ穂病(チガヤ)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone