複合性局所疼痛症候群(読み)フクゴウセイキョクショトウツウショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

ふくごうせいきょくしょとうつう‐しょうこうぐん〔フクガフセイキヨクシヨトウツウシヤウコウグン〕【複合性局所×疼痛症候群】

骨・筋肉・神経などを損傷した後に、病態とは不釣り合いな強い痛みがみられること。交感神経の活性化に伴って痛みが強くなることが多い。CRPS(Complex Regional Pain Syndrome)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android