西村 貞(読み)ニシムラ テイ

20世紀日本人名事典の解説

西村 貞
ニシムラ テイ

昭和期の美術史家



生年
明治26(1893)年12月12日

没年
昭和36(1961)年3月3日

出生地
大阪府大阪市

本名
西村 久次郎

学歴〔年〕
京都市立絵画専門学校卒,明治大学中退

主な受賞名〔年〕
毎日出版文化賞〔昭和29年〕「民家の庭」

経歴
ルネサンス絵画を研究、大正10〜12年欧州遊学。帰国後日本美術の研究に打ち込み、奈良県下の石仏調査、茶道庭園、キリスト教初期洋風画などについて研究。著書は他に「日本銅版画志」「日本初期洋画の研究」「キリシタンと茶道」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

西村 貞 (にしむら てい)

生年月日:1893年12月12日
昭和時代の美術史家
1961年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android