コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶道 さどう

10件 の用語解説(茶道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶道
さどう

「茶道 (ちゃどう)」のページをご覧ください。

茶道
ちゃどう
tea ceremony

「さどう」,茶の湯ともいう。中国伝来の喫茶の風習が日本独自の発達をとげたもの。亭主・客の交歓の作法や茶道具,庭園や建築,絵画,書,さらに精神的訓練までをも含めた総合的な文化。喫茶の習慣は遣唐使によって奈良時代から平安時代の初期に日本に伝えられ,一部の知識人の間でたしなまれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さ‐どう〔‐ダウ〕【茶道】

ちゃどう(茶道)
茶頭(さどう)」に同じ。

ちゃ‐どう〔‐ダウ〕【茶道】

茶の湯によって精神を修養し礼法を究める道。鎌倉時代の禅寺での喫茶の儀礼を起源として、室町時代村田珠光(むらたじゅこう)に始まり、武野紹鴎(たけのじょうおう)を経て千利休(せんのりきゅう)が大成、侘茶(わびちゃ)として広まった。利休後は表千家裏千家武者小路千家の三千家に分かれ、ほかに多くの分派がある。現在では、ふつう「さどう」という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

茶道【さどう】

茶道(ちゃどう)

茶道【ちゃどう】

〈さどう〉ともいう。茶の湯の道の意味。抹茶(まっちゃ)の作法を中心とする芸道。喫茶の習俗は奈良時代に中国から団茶(だんちゃ)法(団子にした茶をショウガなどとともに煎(せん)じて飲む法)が移入されたのに始まる。
→関連項目家元懐紙掛物瀬戸焼千家流茶経茶事七式茶室茶の本茶坊主点前松平治郷松浦鎮信

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本文化いろは事典の解説

茶道

茶道とは、伝統的な様式にのっとって客人に抹茶をふるまう事で、茶の湯とも言います。茶を入れて飲む事を楽しむだけではなく、生きていく上での目的・考え方、宗教、そして茶道具や茶室に飾る美術品など、広い分野にまたがる総合芸術として発展しました。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃどう【茶道】

茶道とは喫茶を主体とした寄合の芸能である。茶道という言葉は17世紀初頭になって,規範的な〈道〉の思想が強く意識されて登場してくる。それまでは茶の湯とか数寄(すき)と呼ばれており,今日でも茶の湯と茶道はほとんど同義に用いられている。また〈さどう〉〈ちゃどう〉両様のよみ方があって一定しない。茶立人として諸侯に仕えた茶頭(さどう)と区別して〈ちゃどう〉とよませる場合もある。中国から移入された喫茶の習慣は,室町時代に茶の湯という芸能へと発展するにともない,独自の茶の道具やふるまい,思想,さらに茶のための建築や室礼(部屋の飾り方)などの要素をそなえるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さどう【茶道】

ちゃどう(茶道) 」に同じ。
茶頭さどう 」に同じ。

ちゃどう【茶道】

茶の湯の道。鎌倉時代、禅宗の寺院において定めた喫茶の礼に始まり、民間に広まって、茶室や道具類が整うとともに精神面が強調されるようになった。村田珠光・武野紹鷗らを経て、千利休が侘茶わびちやとして大成。利休以後、表千家・裏千家・武者小路千家に分かれた。他にも多くの流派がある。茶の湯。さどう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の茶道の言及

【茶道】より

…茶道とは喫茶を主体とした寄合の芸能である。茶道という言葉は17世紀初頭になって,規範的な〈道〉の思想が強く意識されて登場してくる。…

※「茶道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茶道の関連キーワード国庫煎茶道茶寄合作り物喫茶寄合組漫画喫茶寄合の芸能ランニングラグビーDiscussion

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茶道の関連情報