西野入 尚一(読み)ニシノイリ ショウイチ

20世紀日本人名事典の解説

西野入 尚一
ニシノイリ ショウイチ

昭和・平成期の医師 西野入内科診療所長。



生年
大正14(1925)年7月10日

没年
平成2(1990)年4月4日

出生地
大阪府豊中市

学歴〔年〕
昭和医科大学(現・昭和大学医学部)卒

学位〔年〕
医学博士

経歴
新聞記者だった父親の転勤で、5歳から東京暮らし。自分も新聞記者志望だったが、父親の命令で医学の道へ。昭和36年新宿末広亭の目の前のビルの2階に西野入内科診療所を開業。気軽に寄席の芸人たちの面倒を見てきたので、寄席芸界の赤ひげ先生と呼ばれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android