父親(読み)テテオヤ

  • ▽父親
  • ちちおや

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 =ちち(父)
※百丈清規抄(1462)一「一人はあまりさうざしからうず、つかわれまいらせよとて、父親に三人、母親に二人をやられたぞ」
〘名〙 ちちおや。おとこおや。てて。ちち。
※虎明本狂言・舎弟(室町末‐近世初)「てておやをは、しんぶ共ごんぶともいへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の父親の言及

【親子】より

…このことは早くからB.マリノフスキーら社会人類学者によって指摘されている。南太平洋のトロブリアンド諸島の原住民は,子の出生にあたっての父親が果たす役割を知らない。にもかかわらず,家族生活では,タマと呼ばれる男性が子どもにとっては母親の親しい人であり,愛情をこめて自分たちを養育してくれる男親であって,今日の父親のイメージと本質的には異ならない。…

【父系制】より

…狭義には父系出自のもつ規制,すなわち集団の成員権が父親を通じて,代々子供に伝えられていく出自の規制を意味しており,このような規制にもとづく集団を〈父系出自集団patrilineal descent group〉と称している。図のように自分(EGO)が所属するところの父系出自集団の成員を示せば,つぎのようになる。…

※「父親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

父親の関連情報