見届(読み)みとどけ

  • みとど・ける

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 見届けること。また、その役。
※虎寛本狂言・抜殻(室町末‐近世初)「いいやしかと見届は致しませぬ」
〘他カ下一〙 みとど・く 〘他カ下二〙
① 事のなりゆきを最後まで見きわめる。
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「院の御ことをば誰かは見(ミ)とどけまゐらすべき」
② 見て確かめる。
※虎寛本狂言・抜殻(室町末‐近世初)「清水にいかめな鬼がゐる〈略〉こは物ながら見届て参う」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android