コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜殻 ヌケガラ

デジタル大辞泉の解説

ぬけがら【抜殻】[書名]

狂言。使いの途中、道で酔いつぶれた太郎冠者が、後をつけていた主人に鬼の面をかぶせられ、目を覚まして水に映った自分の姿に悲観し死のうとするが、そのはずみに面が取れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

抜殻の関連キーワード狂言現行曲一覧此れはさて気を付ける御覧じゃるおしゃるざざんざやっとな悪しい彼の様狂言

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android