コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親売り

デジタル大辞泉プラスの解説

親売り

古典落語の演目のひとつ。「親売り物」とも。八代目入船亭扇橋が得意とした。オチは間抜オチ。主な登場人物は、車夫

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

親売りの関連キーワード古典落語