コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おち おち

大辞林 第三版の解説

おち

( 接頭 )
〔「うち」の転という〕
動詞に付いて、強調の意を表す。 「酒-飲て悠々と無心になつてをるぞ/四河入海 16

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おちの関連キーワード大阪府豊能郡豊能町木代付け落とし・付け落し三重県名張市青蓮寺島根県邑智郡美郷町落ち葉色・落葉色為落とし・為落しおせつ・徳三郎落ち口・落口手に手を取る点睛を欠く欠漏・闕漏邑智[町]修羅の妄執青地浚新斎雨垂れ落ち四河入海十市安居御手水町茶を濁す遠・彼方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おちの関連情報