親油基(読み)シンユキ

精選版 日本国語大辞典の解説

しんゆ‐き【親油基】

〘名〙 水との親和性が低く、油との親和性の大きい基。鎖状炭化水素基、芳香族炭化水素基など。疎水基。⇔親水基

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の親油基の言及

【疎水基】より

…分子の中にある原子グループ(基)で,水を嫌い,水と親和せず,油との親和性の大きい,水に対する溶解性のないもの。親油基oilphilic radicalともいう。アルキル基CnH2n+1―,アリール基C6H5―などの炭化水素鎖がその代表的な例である。…

※「親油基」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android