コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎水基 ソスイキ

5件 の用語解説(疎水基の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そすい‐き【疎水基】

水となじみにくい原子団アルキル基・フェニル基などで、ベンゼンなどに親和性をもつので親油基ともいう。→親水基

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

疎水基

 親油基ともいう.分子の中の原子団のうち,脂溶性溶媒に親和性のあるもの.解離せず,極性のない原子団.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そすいき【疎水基 hydrophobic radical】

分子の中にある原子グループ(基)で,水を嫌い,水と親和せず,油との親和性の大きい,水に対する溶解性のないもの。親油基oilphilic radicalともいう。アルキル基CnH2n+1―,アリール基C6H5―などの炭化水素鎖がその代表的な例である。基の構造が化学的に極性のないもの,すなわち電気的に+の中心と-の中心が分かれていないものが疎水基となり,電気的双極子を形成しない。分子または基で極性のないものは非極性の溶剤(油など)に溶けやすく,極性のあるものは極性の溶剤(水など)に溶けやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そすいき【疎水基】

極性が小さく、水分子との親和性が小さい基。有機化合物のメチル基・エチル基などのアルキル基やフェニル基など。親油基。 ↔ 親水基

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

疎水基
そすいき
hydrophobic group

長鎖のアルキル基やフルオロカーボン鎖、あるいはベンゼン環や脂環式の原子団をさす。親油基oleophilic groupともいう。これらの原子団は水分子と水素結合をつくりにくい。つまり水との親和性に乏しい。これらの原子団に水素原子をつけて化合物をつくると、例外なく水に不溶・難溶のものとなる。逆にケロシンベンゼンなど油溶性の化合物とはよくなじみ、溶解度も大きい。せっけんABSその他の界面活性剤は、親水基と疎水基の両方を分子内にもっており、したがって油と水との界面に群がる。このために界面張力に大きな変化を引き起こすのである。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

疎水基の関連キーワードオープングループエージグループグループ学習分子分子式分子容モルmolグループサウンズ格子点

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone