疎水基(読み)そすいき(英語表記)hydrophobic group

日本大百科全書(ニッポニカ)「疎水基」の解説

疎水基
そすいき
hydrophobic group

長鎖のアルキルやフルオロカーボン鎖、あるいはベンゼン環や脂環式の原子団をさす。親油基oleophilic groupともいう。これらの原子団は水分子と水素結合をつくりにくい。つまり水との親和性に乏しい。これらの原子団に水素原子をつけて化合物をつくると、外なく水に不溶・難溶のものとなる。逆にケロシンやベンゼンなど溶性の化合物とはよくなじみ、溶解度も大きい。せっけんやABSその他の界面活性剤は、親水基と疎水基の両方を分子内にもっており、したがって油と水との界面に群がる。このために界面張力に大きな変化を引き起こすのである。

[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「疎水基」の解説

そすい‐き【疎水基】

水となじみにくい原子団アルキル基・フェニル基などで、ベンゼンなどに親和性をもつので親油基ともいう。→親水基

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「疎水基」の解説

疎水基

 親油基ともいう.分子の中の原子団のうち,脂溶性溶媒に親和性のあるもの.解離せず,極性のない原子団.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「疎水基」の解説

そすいき【疎水基 hydrophobic radical】

分子の中にある原子グループ(基)で,水を嫌い,水と親和せず,油との親和性の大きい,水に対する溶解性のないもの。親油基oilphilic radicalともいう。アルキル基CnH2n+1―,アリール基C6H5―などの炭化水素鎖がその代表的な例である。基の構造が化学的に極性のないもの,すなわち電気的に+の中心と-の中心が分かれていないものが疎水基となり,電気的双極子を形成しない。分子または基で極性のないものは非極性の溶剤(油など)に溶けやすく,極性のあるものは極性の溶剤(水など)に溶けやすい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「疎水基」の解説

そすい‐き【疎水基】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版「疎水基」の解説

疎水基
ソスイキ
hydrophobic group

[別用語参照]親水基

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android