疎水基(読み)ソスイキ

世界大百科事典 第2版の解説

そすいき【疎水基 hydrophobic radical】

分子の中にある原子グループ(基)で,水を嫌い,水と親和せず,油との親和性の大きい,水に対する溶解性のないもの。親油基oilphilic radicalともいう。アルキル基CnH2n+1―,アリール基C6H5―などの炭化水素鎖がその代表的な例である。基の構造が化学的に極性のないもの,すなわち電気的に+の中心と-の中心が分かれていないものが疎水基となり,電気的双極子を形成しない。分子または基で極性のないものは非極性の溶剤(油など)に溶けやすく,極性のあるものは極性の溶剤(水など)に溶けやすい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そすいき【疎水基】

極性が小さく、水分子との親和性が小さい基。有機化合物のメチル基・エチル基などのアルキル基やフェニル基など。親油基。 ⇔ 親水基

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

疎水基
そすいき
hydrophobic group

長鎖のアルキル基やフルオロカーボン鎖、あるいはベンゼン環や脂環式の原子団をさす。親油基oleophilic groupともいう。これらの原子団は水分子と水素結合をつくりにくい。つまり水との親和性に乏しい。これらの原子団に水素原子をつけて化合物をつくると、例外なく水に不溶・難溶のものとなる。逆にケロシンやベンゼンなど油溶性の化合物とはよくなじみ、溶解度も大きい。せっけんやABSその他の界面活性剤は、親水基と疎水基の両方を分子内にもっており、したがって油と水との界面に群がる。このために界面張力に大きな変化を引き起こすのである。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android