コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親水基 シンスイキ

栄養・生化学辞典の解説

親水基

 物質の原子団のうち,水に親和性の大きいもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんすいき【親水基 hydrophilic group】

分子を構成する原子団(基)の極性が大きく,水に対する親和性の強いもの。疎油基ともいう。これに対し極性の小さな基は疎水基あるいは親油基とよばれる。親水基の大きな(HLBの値の大きい)分子は水などの極性溶媒に対する溶解性が大きい。また界面活性剤のように異なる極性の物質界面に作用する物質群では,分子内の分極性,極性基の位置が物性に大きな影響を及ぼす。そのため,親水基,疎水基(または極性基,非極性基)の概念が重要となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんすいき【親水基】

静電的作用や水素結合などによって水分子と弱い結合をつくり、水中で安定になる原子団。ヒドロキシル・カルボキシル基・スルホ基など。 ↔ 疎水基

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親水基
しんすいき
hydrophilic group

分子の中にある原子団のうち、水分子との間に結合(水素結合)をつくりやすいものをいう。多くはイオンになりやすいもの、つまり極性の著しい原子団であり、いわゆる活性水素原子を含む。酸素、窒素、硫黄(いおう)などの原子を含む基はおおむね親水基であり、炭化水素のかけらのような疎水基とは、水との親和性が大幅に異なる。界面活性剤は疎水基と親水基の両方を含むが、その力のバランスを示すのがHLBである。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

親水基の関連キーワードラングミュアウォッシュ・アンド・ウエアヒドロキシカルボン酸逆性石鹸・逆性石鹼非イオン界面活性剤アニオン界面活性剤両親媒性分子親水コロイド単分子層アゾ染料両親媒性単分子膜分散染料酸性染料サイズ乳化剤軟膏剤湿潤剤ミセル光触媒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android