親和性(読み)シンワセイ

デジタル大辞泉「親和性」の解説

しんわ‐せい【親和性】

ある物質が他の物質と容易に結合する性質や傾向。染色色素が特定の生体組織に結合しやすい傾向や、細菌ウイルスが特定の細胞や臓器で増殖しやすい傾向など。
物事を組み合わせたときの、相性のよさ。結びつきやすい性質。「オリンピック中継とSNS親和性が高い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「親和性」の解説

しんわ‐せい【親和性】

〘名〙 薬物の中にある化学的物質、または細菌やウイルスが、特定の臓器、組織、細胞に対して選択的に結合しようとする性質。〔生物無生物の間(1956)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android