コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観測点 カンソクテン

デジタル大辞泉の解説

かんそく‐てん〔クワンソク‐〕【観測点】

あるものを観測する地点。特に、気温・雨量震度などを継続して測定するために定められた地点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

観測点の関連キーワード地震・津波観測監視システム(DONET)ヴィーヘルト‐ヘルグロッツの公式イベントアトリビューションゾンマーフェルトの輻射条件フラウンホーファー回折ブーゲ補正(重力)フーコーの振り子メッシュ気候値電気伝導度異常精密地震観測室ギニエプロット四万十[市]緊急地震速報フレネル回折タルコット法スタジア測量等重力線図高潮間隔計測震度走時曲線

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観測点の関連情報