コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気温 きおんair temperature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気温
きおん
air temperature

大気温度。気温は場所や高さによって異なるが,一般には地上約 1.5mで測定された値を気温と呼び,厳密には地上気温と呼ぶ。積雪のあるときは積雪上約 1.5mの高度をとる。気温は日変化,年変化をし,その変化は日射量の変化と密接な関係にある(→気温の日較差気温の年較差日射)。しかし,日変化の最高も年変化の最高も日射量の最高時より遅れ,日変化の最高気温は 13~14時頃,年変化の最高気温は北半球で 7~8月に現れる。一般に気温は高度とともに低下し,気温減率は 100mにつき約 0.6℃である。晴れた夜には放射冷却により地面が冷却されるため,地上気温が低温になり,それよりも上の気温が相対的に高くなる気温の逆転を生じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

気温

大気の温度。普通は地表面のおよそ1.5mの高さで測る気温。1日の最高気温と最低気温との差を気温の日較差(にちこうさ)という。ある基準温度と毎日の平均気温との差を、ある期間について積算した値をデグリー・デー(度日〈どにち〉)といい、冷暖房の設計や植物の成育度の見積もりに使う。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐おん〔‐ヲン〕【気温】

大気の温度。ふつう地上1.5メートルの高さの通風のよい日陰で計った温度をいい、百葉箱に入れた温度計を用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

気温【きおん】

空気の温度。普通,地上気温と呼んでいるのはある地域を代表するような気温のことであり,地上約1.5mの高さに設けた百葉箱の中で測定した気温をいう。気温の日変化のうち日較差(1日の最高気温と最低気温の差)は季節,緯度,土地の高低,地形などによって違い,特に雲量海陸風の影響が著しい。
→関連項目雨温図

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

パラグライダー用語辞典の解説

気温

気温とは大気(空気)の温度であるが、中学校で勉強した「海風と陸風の原理」はその気温差で起こる代表的な例であり、季節風がなぜ吹くか?これも同じような現象がマクロ的におこっているものである。こう考えると、梅雨前線はなぜ発生するのか? 日本はなぜ雨が多いか?など、おおよそ私達フライヤーに関係している殆どの気象現象は、気温の差により起こっている。「気温について述べる」となると莫大な量になる為、ここでは私達フライヤーが直接関係している事柄についてのみ簡単に述べる。体感気温  通常、体感温度といわれ、湿度や風により人間が感じる気温(温度)と実際の気温とは異なって感じるのである。外国に行くと日本より湿度が低い所では気温が低く感じる事はそれである。また、扇風機に当たれば涼しく感じる。「今日は気持ちがいい」と薄い服でフライトをして思わぬ寒さでランディングする。これは上空に行くにしたがい気温が下がる事と同時に、体感気温によるものでもある。1m/s風が吹くと1℃低く感じる。パラグライダーは毎秒10m位だから10℃下がると思ってよい。体感気温は湿度でも大きく左右するがフライトでは、湿度は考えなくともよい。気温分布 普通、高度が高くなるにしたがい気温は下がってゆく。気温減率にもよるが、100m高くなるにつれて、-0.6℃くらいと思えばよい。1000m上空では、地上で20℃の気温も14℃である。そのうえ、体感気温により更に10℃低く感じる。対策として、フライトでは「体を冷やさない」「凍傷から身を守る」事から基本的に肌を表面に出さない事が大切である。その日の最高気温と最低気温 その日の最高気温が日中発生するとは限らないが、ごく特殊な場合を除き、その日の最高気温は昼間に発生して、最低気温は夜か明け方となる。この2つの差が大きい程、その日の大気は活発に活動している。言い換えれば、差が大きい程、強いサーマルが発生する。これには3つの要因がある。1 最高気温が高い事は、日中、よく陽があたる事を意味する。よく陽があたほど強いサーマルが発生しやすくなる。2 最低気温が低い事は「夜間によく大気が冷された」あらわれである。 太陽から地表が照射を受けるエネルギーは雲を考えない場合、その季節ではほぼ一定で、周りとの気温差により発生する。サーマルは相対的に周りの気温が低い程つよくなる。 よって、最低気温が低いほどサーマルは強くなる。3 最低気温が低い事は、放射冷却が大きかった事を意味する。 放射冷却が大きかった事は雲が少なかったため、日中はNo1.の様に最高気温を上げる。その他、「風が比較的に強く、日中の逆転層が消えやすい」などもサーマルを強くする要因である。この様に気温とパラグライダーは大きく関係している。気温については文献が広く、専門書も出回っており参考にするとよい。

出典|パラグライダー用語辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きおん【気温 air temperature】

大気の温度を気温といい,地上の気温(単に気温ともいう)は地表面上1.25~2.0mの高さの外気の温度をいう。このくらいの高さになると高さに対する温度変化は地表面付近に比べてきわめて小さい。地球上の気温は大部分の地域が-20℃から+25℃の間にあり,種々の動植物の生存に最適の条件を与えている(表)。一方,他の惑星の気温は水星,金星のように400℃以上の高温であったり,木星,土星のように-100℃以下の低温であるため生物の生存には不適である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きおん【気温】

大気の温度。地上の気温は、地表面から高さ1.25~2.0(通常1.5)メートルの所で、直射日光を避けて通風しながら測定する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気温
きおん

空気の温度のこと。室内の気温、屋外の気温、上空の気温などのように場所を示して表される。気象観測で単に気温というときは、屋外で、地上1.2~1.5メートルの高さで測った空気の温度をさす。気温は空気の物理的状態を決めるために必要であるという学問的な理由のほかに、寒暖の程度は人間の生活にも植物の生育にも大きな影響をもつので重要な環境要素として取り扱われる。[大田正次]

気温の単位

普通、度C(℃)を用いるが、国によっては度F()が用いられている。度Cの目盛は、1気圧の下で水の氷点を0℃、沸点を100℃としたものである。度Fでは氷点が32、沸点が212となる。温度目盛にはそのほかケルビン(または絶対)温度目盛があり、K(またはA)と書く。度CとKとの関係は
  ℃=K-273.15である。[大田正次]

気温の測定

気温の測定に古くから用いられているのは水銀温度計である。水銀温度計は構造が単純で、小形で安価であるばかりでなく、示度の狂いが少ないので、日常の使用には優れている。水銀温度計にはガラス棒に直接目盛りを刻んだ棒状温度計のほか、ガラス管が二重になったフース型温度計や、板にガラス棒をつけた板付温度計(ルサフォード型)がある。一般の測定用には板付の温度計で十分である。なお水銀は零下39℃で凝固するので、寒地でこのような低温になる所では、水銀のかわりにアルコールの入った温度計を用いる。エチルアルコールの凝固点は零下117℃である。
 水銀温度計を用いて屋外の気温を測るには百葉箱(ひゃくようばこ)を用い、その中に吊(つ)り下げるのがいちばん簡単である。百葉箱は温度計の感部に太陽光線が直接当たるのを防ぐほか、雨や雪がかかるのを防ぐ。温度計の感部の位置は地上から測って1.2~1.5メートルに置く。百葉箱を用いない場合には、水銀温度計を小形の金属製の筒に収め、小形のファンで筒の中に風を通す仕組みの携帯用の通風温度計を用いるのがよい。気象庁が気象観測に用いている温度計は、水銀温度計のかわりに白金抵抗温度計を金属製の通風筒に取り付けたもので、これを露場(ろじょう)に設置し、室内で記録する仕組みとなっている。この場合の感部の高さは地上1.2~1.5メートルである。
 ある時間内、たとえば1日の間の最高気温を知るためには最高温度計を用いると便利である。この温度計の仕組みは体温計と似ていて、気温が上がるとき感部から押し出された水銀は、気温が下がっても感部に戻らないので、水銀糸の頭の目盛を読めば最高温度がわかる。この温度計の示度を元に戻すには、体温計の示度を下げるときの要領で、温度計を強く振って下げるとよい。またある時間内の最低温度を知るには最低温度計を用いるとよい。これはアルコール温度計のアルコール糸の中に、細い色ガラスの指標を封入したもので、気温が下がるとガラス指標はアルコール糸の一端の表面張力で引き下げられるが、気温が上がると、指標は置き去りにされる仕組みである。最低温度計は百葉箱内にほぼ水平に置く。指標を元に戻すには、指標を見ながら静かに傾けてやればよい。
 上空の気温を測るには鉄塔を利用し、白金抵抗温度計などを取り付けて測る。鉄塔の届かない高さの気温は係留気球やラジオゾンデを利用してサーミスターなどの温度センサーを取り付けて測定する。[大田正次]

気温と高さ

気温は上空に昇るほど一般に低くなる。ラジオゾンデなどで上空の気温を測った結果によると、世界中を平均して100メートル昇ると0.65℃低くなる。しかし、日や時刻により、また高さによって上空の気温はかなり複雑な変わり方を示す。たとえば人間生活に関係の深い地上100メートル以下では、夜間から早朝にかけて気温の逆転がよく現れる。一方、日中には著しい気温の逓減(ていげん)、つまり上にいくほど気温が低くなる現象が現れやすい。これは100メートルにつき0.65℃減るという平均的な状態から著しくかけ離れた現象である。また、地上12キロメートル以上になると成層圏となり、つねに逆転状態になるが、この高さは季節や緯度によりおよそ10~18キロメートルくらいに変わる。[大田正次]

接地逆転と上層逆転

気温の逆転は異常現象のような語感をもっているが、けっして珍しい現象ではない。夏冬を通して天気のよい日の早朝には地面が冷えて気温が下がり、地上100~200メートルの高さまで気温が逆転するのが普通である。この場合には逆転が地面付近から始まるので接地逆転という。接地逆転は1年のうち約30%すなわち約100日はおこる。接地逆転は夜間から早朝にかけて地面が放射によって熱を失い冷えるためにおこるので、放射性の逆転ともよばれる。一方、天気のよい日の日中などの地面付近は逓減状態であるが、地上数百メートルから上が逆転していることがある。前者に対してこれを上層逆転とよぶ。この上層逆転は移動性の高気圧内でよく発生し、上空の空気が高気圧内で沈降するためにおこるとみなされるので、沈降性逆転ともよぶ。一般にこれらの逆転層の中では大気中のちりなどの拡散がおこりにくい。接地逆転や上層逆転の現象は大気汚染物質の拡散の仕方を左右するので、公害対策上関心がもたれている。[大田正次]

気温の変化

ある場所で気温を測定した結果をみると、気温は時々刻々に変わっていることがわかる。一般に、日中は高く早朝は低い。しかし春先に低気圧が通り過ぎると、強い南風が吹いてその時刻に気温は著しく上昇する。また冬に高気圧が張り出して強い北風が吹いてくると気温は著しく下がる。何十年もの長い年月に測った気温の値を1日の時刻ごとに平均してみると、気温の日変の型がわかる。東京の例では、夏と冬とでは多少違うが、日中の13~14時ごろもっとも高く、早朝の5~6時ごろがもっとも低い。次に月ごとに気温の値を平均すると、1~12月までの間の年変化を知ることができる。東京では8月(26.7℃)にもっとも高く、1月(4.1℃)にもっとも低い。その差は約23℃である。[大田正次]

気温の分布

全世界の気象観測所の気温の長年の値を集め、1月の各地の平均気温を求めて地図上に記入すると、全世界の1月の気温の分布がわかる。同様にして7月の気温分布を求めることができる。これらの分布をみると、1月には低温域は大陸の中心からやや東寄りに現れ、7月には高温域は大陸の中心付近に現れる傾向がある。[大田正次]

体感と気温

われわれが身体で感じる暑さ寒さの体感は、おもに気温の高低に左右される。温度計のことを昔は寒暖計とよんでいたくらいである。しかし体感には気温のほか、風速や湿度が多少影響する。たとえば、寒風の中では風速が毎秒1メートル増えるごとに気温が1℃だけ低くなったように感じ、夏の暑いときには、湿度が10%高くなると気温も1℃だけ高くなったように感じるという研究もある。体感に関連した用語に真夏日(熱帯日)がある。真夏日はその日の最高気温が30℃以上の日、夏日は最高気温が25℃以上の日、真冬日は最高気温が0℃未満の日、冬日は最低気温が0℃未満の日をいう。東京の例では1年間で真夏日は平均45日、夏日106日、真冬日0日、冬日は28日となる。札幌では真夏日7日、夏日46日、真冬日51日、冬日139日、南の那覇では真夏日78日、夏日197日、真冬日0日、冬日0日となっている。夏になるとよく聞かれる不快指数というのは、気温を主として湿度を多少考慮に入れた指数であるが、6月から9月までの東京を例にとると、「やや暑い」が74日、「暑い」が37日、「暑くてたまらない」が1日となっていて、「暑い」日数が真夏日日数に近いものとなっている。[大田正次]
『高橋浩一郎著『日本の天気』(1963・岩波新書) ▽大田正次・篠原武次著『実地応用のための気象観測技術』改訂(1967・地人書館) ▽大野義輝著『日本のお天気』(1970・大蔵省印刷局) ▽気象庁編『日本気候図』1980年版(1984・日本気象協会) ▽東京天文台編『理科年表』1985年版(1984・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の気温の言及

【気候】より

… 気候は大気の総合状態であるが,形や大きさを直接測ることはできない。そこで通常は気候を気象測器で観測できる,日射,気温,湿度,降水量,気圧,風などの気候要素に分けて,それぞれの長年の平均値をとり,それらを組み合わせるのが普通の方法である。平均をする期間はあまり長くとると,その間連続して観測資料がある地点が少なくなるばかりでなく,気候変動の影響が加わるので,世界気象機関(WMO)の取決めにしたがって,現在は国内については1951年から80年までの30年間を用いている。…

【気候区分】より

…他の一つは気候学的区分(気候の成因や,気候分布の原理に基づく分類)で,上記の環境的・経験的方法が気候の結果を利用した古典的なものであるのに対し,気候の原因による近代的方法であるといえる。気候学的方法には,平均気温や平均降水量などに立脚した平均値気候学と,気団論や前線論などによる動気候学,総観気候学の立場からの方法とがあり,その後,エネルギー気候分類も取り入れられている。 気候区分に最も多く用いられる気候要素は気温で,古代ギリシアのアリストテレスも気温の高低で気候を分類している。…

※「気温」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

気温の関連キーワードヒートアイランド現象トゥーサンの公式みぞれ(霙)高層気象観測温暖高気圧気温逓減率気温逆転層直射日光不連続面気候要素冷え込み乾球温度気球観測デグリー全層雪崩猛暑日年較差夜冷え真冬日熱赤道

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気温の関連情報