コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角膜上皮 カクマクジョウヒ

デジタル大辞泉の解説

かくまく‐じょうひ〔‐ジヤウヒ〕【角膜上皮】

角膜の表面を構成する細胞層。角膜上皮に障害が生じると、結膜との境界部にある幹細胞から新しい細胞が供給される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の角膜上皮の言及

【角膜】より


[角膜の構造と働き]
 解剖学的には,角膜は5層からなる。最表層は角膜上皮epitheliumといい,上皮細胞の層で,5,6層の扁平および円柱上皮からなる。代謝が盛んであり,細胞が障害されても修復は速い。…

※「角膜上皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角膜上皮の関連キーワード慢性閉塞隅角緑内障、慢性開放隅角緑内障の治療ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングヒアルロン酸ナトリウム帯状ヘルペス角膜炎角膜ジストロフィーイントラレーシックイントラレーザー角膜細菌性感染症流行性角結膜炎目の主要な症状水疱性角膜症マーキングLASIK春季カタル細胞シート角膜再生角膜移植パンヌス角結膜炎突き目

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android