コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角閃石岩 かくせんせきがんhornblendite

岩石学辞典の解説

角閃石岩

主として角閃石からなる粗粒顕晶質の超マフィック質火成岩.副成分として長石黒雲母,橄欖(かんらん)石なども含まれる.長石の量が増加するとアッピン岩(appinite)となり,黒雲母が増加するとラルツァイト(lherzite)またはスタヴライト(stavrite)となり,橄欖石が増加するとアルジェーヌ岩(argeinite)や角閃石橄欖岩となる[Phillips : 1846, Dana : 1874, 1880].なお角閃岩(amphibolite)は角閃石と斜長石からなる変成岩をいう.国際地学連合火成岩分類委員会による一般的な火成岩分類では,橄欖石─輝石─角閃石三角図で角閃石量が90%以上のものをいう[Geo-times : 1972].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

角閃石岩の関連キーワードアノーシティサイトコートランド系列グリーンランド岩アウイン角閃岩パークナイド火成角閃岩サイエル岩優黒斑糲岩ネイヴァ岩ペドロス岩苦鉄質岩塩基性岩イッス岩

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android