コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訶陵(読み)かりょう(英語表記)He-ling; Ho-ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訶陵
かりょう
He-ling; Ho-ling

中国唐代の記録に現れる国名。中部ジャワの国で,その名はインド,ベンガル地方のカリンガ王国に由来するといわれる。しかし最近ではカリンガとの関係を否定する説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の訶陵の言及

【シャイレンドラ】より

…このようにシャイレンドラ朝は成立,結末ともにスマトラ南部などと関連をもち,インドのナーランダー寺院とも密接な交渉があった。中国の唐代の史書に現れる訶陵はこの王朝をさす。【永積 昭】。…

【スリウィジャヤ】より

…義浄の諸記述からも,この地に大乗仏教が栄え,僧侶が1000余人もおり,しかもインドと変わらぬほど仏教の法式が整備されていたことがうかがえる。 スリウィジャヤは,中国史料には〈室利仏逝〉と記されるが,室利仏逝が742年に最後の中国への遣使をしてのち,インドネシアから中国へ遣使をしたのはジャワの訶陵である。ところで,この訶陵からの遣使は670年に一度中断し,768年に再開されている。…

※「訶陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android