国名(読み)コクメイ

デジタル大辞泉「国名」の解説

こく‐めい【国名】

国の名称
国家の名称。各政府の統治下にある国土の名。
日本における、古代から近世までの行政区画の土地の名。→旧国名
[補説]よく使用される国家略称
米 アメリカ(亜米利加)
英 ギリス(英吉利)
伊 イタリア(伊太利)
印 インド(印度)
豪 オーストラリア(豪太剌利)
墺 オーストリア(墺太利
蘭 オランダ(和蘭)
加 カナダ(加奈陀)
希 ギリシャ(希臘)
瑞 スイス(瑞西)/スウェーデン(瑞典)
西 スペイン(西班牙)
泰 タイ(泰)
独 ドイツ(独逸)
土 トルコ(土耳古)
洪 ハンガリー(洪牙利
比 フィリピン(比律賓)
伯 ブラジル(伯剌西爾)
仏 フランス(仏蘭西)
越 ベトナム(越南)
葡 ポルトガル(葡萄牙)
墨 メキシコ(墨西哥)
露 シア(露西亜)

くに‐な【国名】

平安時代宮中女官僧侶などの呼び名に国の名を付けたもの。女官はや兄・夫の任国にちなんで、また僧侶はその生国にちなんでつけられた。和泉式部(いずみしきぶ)讃岐典侍(さぬきのすけ)の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「国名」の解説

こく‐めい【国名】

〘名〙
① 国の名。
(イ) 国家の名称。各政府の統治下にある国土の名。
史記抄(1477)一二「昌国君なんどとてあのやうに国名をつくるがあるぞ」 〔史記索隠‐五帝本紀〕
(ロ) かつて日本の行政上、一区画をなした土地の名。
浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)一「今も国名を許されて時に近江に出雲其万代も竹の名の」
② 国の名誉。国家としての名声

くに‐な【国名】

〘名〙 平安時代以降、女官の中臈(ちゅうろう)、下臈(げろう)、また、僧侶につけられた呼び名。多くは父や兄の任国にちなみ、僧侶は生国にちなんでつけられた。和泉式部、大和宣旨の類。
※古本説話集(1130頃か)二八「月のあかきに見れば、ひすましにてありし物もははにて、くになつきてありし物也けり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android