コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詩篇歌 しへんか Psalmen-Lieder

1件 の用語解説(詩篇歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詩篇歌
しへんか
Psalmen-Lieder

詩編唱がローマ典礼における『詩篇』の朗唱をいうのに対して,プロテスタントの礼拝における各言語に訳された『詩篇』または『詩篇』のパラフレーズに作曲した歌をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の詩篇歌の言及

【キリスト教音楽】より

…カルバンに始まる改革派教会は,聖書の直接的な福音以外のいっさいを虚飾と見るピューリタン的態度によって,音楽的には貧困をもたらした。改革派を基盤として新たに生まれた音楽は,《詩篇》の韻文訳に簡素な4声体の和声付けをした詩篇歌のみである。しかし,その音楽的スタイルが,あとに続くプロテスタント諸派の〈賛美歌〉の源流となった事実には,注目しなければならない。…

【賛美歌】より

…中世のドイツのライゼLeise,北欧のクリスマス・キャロルをはじめ,イタリアのラウダlauda,ポルトガル,スペインのカンティガcantigaなどが隆盛をみた。 16世紀の宗教改革は賛美歌史上に新たな局面をもたらし,とくにドイツのコラール,カルバン派やイギリスの詩篇歌など,カトリック典礼音楽となんらかのかかわりを保ちつつも,自国語による各国各派固有の賛美歌が飛躍的な進展をみた。とりわけ18,19世紀のイギリスでは,韻文訳《詩篇》の付曲のほかに,賛美歌創作が各宗派で盛んに試みられ,賛美歌黄金時代を築いた。…

【詩篇】より

…アレグリGregorio Allegri(1582‐1652)の《ミゼレレ》は典礼曲であるが,J.S.バッハ,ヘンデル,ブルックナーなどでは〈詩篇曲〉と呼んでよい芸術的楽種が展開して,今日に及んでいる。プロテスタント教会ではルターも自国語訳を試みたし,カルバン派はとくに自国語訳《詩篇》を重んじ,押韻された詩篇歌集を生んだ。カトリック教会においては第2バチカン公会議に先立って,自国語による《詩篇》の歌唱がとくにフランスでイエズス会士ジェリノーJoseph Gelineau(1920‐ )らによって促進され,今日の日本における〈典礼聖歌〉は主としてその流れを汲むものである。…

※「詩篇歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

詩篇歌の関連キーワード応唱家父詩編・詩篇詩編テンガローナポカルンゲの法則(ゼーマン効果)ガロ・ロマン美術《ポーランド詩編唱》ローマ典礼聖歌

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone