詰は(読み)つめは

精選版 日本国語大辞典「詰は」の解説

つめ‐は【詰は】

〙 つまりは。結局。つめては。→詰(つめ)⑤。
※史記抄(1477)一一「五国を惣じて云たぞつめは同事ぞ」

つめて‐は【詰は】

〘副〙 つきつめると。結局。つめは。
※史記抄(1477)五「つめては皆我身の利にせうためぞ」

つまり【詰】 は

結局は。結局のところ。
歌舞伎・幼稚子敵討(1753)四「つまりはお町を散散に切る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android