コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誓文腐れ セイモンクサレ

デジタル大辞泉の解説

せいもん‐くされ【誓文腐れ】

[副]《誓文を破れば、この身が腐ってもよいの意》誓って。決して。
「―いつからか芝居へ足も向けませず」〈浄・八百屋お七

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいもんくされ【誓文腐れ】

〔誓文に背くならこの身は腐りもしようの意〕
自ら誓っていう語。また、副詞的に用いて、誓って。決して。 「 -よねの好く此頭つき/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報