読書百遍義自ら見る(読み)ドクショヒャッペンギオノズカラアラワル

デジタル大辞泉の解説

読書(どくしょ)百遍(ひゃっぺん)義自(ぎおのずか)ら見(あらわ)る

《「魏志」王粛伝注董遇伝から》繰り返し熟読すれば、どんな書物でも意味が自然とわかってくる。読書百遍意自ら通ず。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくしょひゃっぺんぎおのずからあらわる【読書百遍義自ら見る】

〔「三国志魏書王粛伝注」に引く「魏略」より〕
百遍も繰り返して書物を熟読すれば、よくわからなかった意味も自然にわかる。乱読を戒め熟読の必要を説いた句。読書百遍意自ら通ず。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どくしょ【読書】 百遍(ひゃっぺん)=義(ぎ)(おのずか)ら見(あらわ)る[=意(い)(おのずか)ら通(つう)ず]

(「魏志‐王粛」の注に引く「魏略」の「人有従学者、遇不肯教而云、必当先読百徧、言読書百徧而義自見」による) 文意の通じないところのある書物も、百遍も繰り返して熟読すれば自然に明らかになるの意。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android