コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読書百遍義自ら見る ドクショヒャッペンギオノズカラアラワル

デジタル大辞泉の解説

読書(どくしょ)百遍(ひゃっぺん)義自(ぎおのずか)ら見(あらわ)る

《「魏志」王粛伝注董遇伝から》繰り返し熟読すれば、どんな書物でも意味が自然とわかってくる。読書百遍意自ら通ず。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どくしょひゃっぺんぎおのずからあらわる【読書百遍義自ら見る】

〔「三国志魏書王粛伝注」に引く「魏略」より〕
百遍も繰り返して書物を熟読すれば、よくわからなかった意味も自然にわかる。乱読を戒め熟読の必要を説いた句。読書百遍意自ら通ず。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android